【ガンプラ考察!】MG、RG買うならどっち?

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

ガンプラを買おうといざ通販サイトなどで検索したとき、

お目当てのガンプラが複数出てきて、どれを買ったらいいかわからないと迷ったことはありませんか?

今回は組み立て難易度がほぼ同レベルのMGとRGを比べて、それぞれのおすすめな点と注意点を上げていきたいと思います。

クスビルのアイコン画像クスビル

個人的見解ですが、購入時の参考になればうれしいです^^

Contents

MG【マスターグレード】とRG【リアルグレード】って何が違うの?

この二つのシリーズのわかりやすい差は値段とサイズです。
・値段
MG→3,000~8,000円
RG→2,000~5,000円
ほどの値段感であることが多いです。

・サイズ
MGとRGはそれぞれスケール(サイズ)が決まっています。
MG→1/100で20~30㎝
RG→1/144で15~25㎝
に収まることが多いです。

クスビルのアイコン画像クスビル

見落としがちですが、買う前に飾り場所を考えておいたほうがいいですよ。ぼくは毎回これで悩みますので、、(笑)

MG【マスターグレード】のおすすめと注意点

MGバルバトスレビュー

おすすめ

サイズが大きいため組みやすいことと、組み上がった時の満足感が非常に大きいことですね!

完成後のサイズも約25㎝となるとサイズ感も大きく感じるのでポーズをとらせても迫力があります。

注意点

パーツ数が多いので組み上がるまでに時間がかかる場合があります。その分長く楽しめるということでもありますがサクっと組みたい方には向かいないかもしれません。

初期の方に出た(20年前)キットは少し組みづらいことがありますので、事前にいつ発売されたキットか調べておくといいと思います。

MGの派生シリーズ

MG Ver.Ka【マスターグレード バージョンカトキ】

このシリーズはメカデザイナーであるカトキハジメ氏とバンダイがタッグを組んで展開されているガンプラブランド。

特徴として独自の水転写式デカールが付属していることや立体向けにデザインが再度アレンジされていたりギミックが追加されていることが多いです。

比較的組み立て難易度が高いので上中級者向け。

MGEX【マスターグレードエクストリーム】

2020年9月に登場したガンプラブランド。

キットごとにテーマが決められてそれに沿って極限表現に挑戦するシリーズ。

Ver.Kaと組み合わさってPG【パーフェクトグレード】並みのパーツ数を備えて圧倒的なボリュームと迫力がある。

プラモデル組み立て+αなギミックが備わっているので完全な上級者向けキット。

ほかのMG【マスターグレード】も見てみる




RG【リアルグレード】のおすすめと注意点

おすすめ

まずは価格が安いです。

物によっては2,000円いかない値段のものもありますが、クオリティはMGと変わらず細かいギミックまで再現された高水準なものとなっています。

コスパで考えるなら全シリーズ中最高といっても過言ではないはず!

完成後のサイズが20㎝ほどとお手頃サイズなので、飾り場所に困らずどこにでも置ける手軽さがあります。

注意点

細かいパーツが多いため組みづらいところがあり、パーツが入り組んでいる部位は一苦労です。

アンダーゲートと呼ばれるパーツの切り離しにひと手間かかる方式が採用されている部位が多く、面倒くさく感じることがある。

ほかのRG【リアルグレード】も見てみる




ガンプラの購入に迷ったら、、、

ぼくの判断基準は
同シリーズで並べて飾りたいなら→RG
ズッシリした迫力を求めるなら→MG
と買い分けています。

購入前にネットでレビューを見てみるのも良いと思いますよ。

ガンプラ購入に迷った時の参考になればうれしいです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

icon icon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる