【レビュー】MG 1/100 RX-0「ユニコーンガンダム」

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は機動戦士ガンダムUCに登場する主人公機ユニコーンガンダム1号機のMGガンプラをレビューしていきます。

本記事で紹介するポイントはこちら
・MGユニコーンガンダムの良いところ
MGユニコーンガンダムのスペック
・可動範囲、変身ギミックの紹介

Contents

MGユニコーンガンダムの良いところ

劇中の変身機構を完全に再現したガンプラ。他にも武装などにも余すことなく可動ギミックが組み込まれている
サイコフレームはクリアレッドで表現されていてバランスのいいシルエットと合わさって見た目が超カッコいい

MGユニコーンガンダムのスペック

基本情報

完成後のサイズ:約23㎝
組み立て時間:7時間ほど
価格:5,500円(税10%込)

パッケージの中身

・ランナー×22
・カラーシール、マーキングシール、ガンダムデカール
・組み立て説明書

MGユニコーンガンダムの遊び要素

デストロイモードの可動範囲

デストロイモードはかなり小顔で、顔周りは横はもちろん首も前後に動く関係で上下にも問題なく可動します。
アンテナは可変するものと形状が固定されているものがあり選択して取り付けることができます。

胸部のコクピットハッチ開閉と腹部の回転可動に対応。

腕部は柔軟に可動し保持力もあるのでポージングもスムーズ。

意外なことにヒジ関節が直角ほどにしか曲がりませんでした。ちょっと狭いですね、、
向き調整は問題なくできます。

ハンドパーツは指が動くタイプのもの。
腕側面に装備されているビームトンファーは弧を描くように180度展開できます。

スカートはしっかりはまっていてポロリもなく、それぞれ独立して可動します。

股関節の可動はかなり良好でダイナミックに広げられます。

こちらはヒジ関節と同じように90度くらいにしか曲がらず、、

足の向きは内側外側どちらにも対応しています。

割とゴテゴテした足周り。裏側のフィンは2枚とも動きます。

足首は大きく動き伸ばしや反りにも対応する柔軟な関節構造になっています。

ユニコーンモードの可動範囲

可動範囲については基本的にデストロイモードと変わらないです。
変身は可動部周りへの影響が出ないようになっているみたいでした。

武装

ビーム・マグナム
本体と比べるとわかりやすいですがかなりボリュームのある武装。
左側にサブグリップがあり両手持ちのポージングもできます。

ハイパー・バズーカ
かなり凝ったディテールが彫られていますね。
砲身が伸縮するギミックとこちらにもサブグリップが付いています。

サイズ的にすこし小さい印象のシールド。アタッチメントで腕に固定されています。

武装はバックパックにマウントでき、マグナムとバズーカの弾倉は着脱可能でリアスカートに装着できる。

珍しいクリアブルーのビームエフェクトパーツが付属。
シールドは展開するとサイコフレームが露出した鮮やかなものに早変わり。

台座への接続パーツは股下に取り付ける方式。
パイロットのミニフィギュアも付いています。

変身ギミック

両サイドのパーツをいったん外してフェイスを入れ替えるように変形。
外した頬パーツを向きを変えて付け直して角を開きます。

胸部を左右に伸ばし装甲ハッチを開き、肩横のパーツを立ち上げます。

端のパーツを回転させつつ肩アーマーを開いていきます。
腕は縦と横方向に伸ばして装甲を開く。

外装をスライドするようにズラしてサイコフレームを露出。

太ももカバーを外してフレームを伸ばします。
ヒザは外装を外して内側からパーツを引き出し改めて固定しつつ、カカトを立ち上げて外装の向きを変える。

ビーム・サーベルの柄を外側に展開し両サイドの装甲を開く。

見事に差し替えなしで変身できました。
改めて見比べると印象が全然違い、ここまでの変身ギミックをプラモデルに組み込めるのは驚きです!

MGユニコーンガンダム/まとめ

変身ギミックがあるのでパーツ数も多く複雑な機構が多いのかなと思いきや、ランナー数も平均的で組み立ても楽チンでした。
ユニコーンモード時でガッシリとした骨太な印象なので、等身が上がるデストロイモードになるとさらに大きく迫力ある見た目になります。

一部関節の可動範囲が狭くポージングに制約がかかりそうなところはありますが、全体的にはポロリも少なくバランスのいいシルエットになっています。
総じてかなり作りやすいガンプラになっていると思いますので、ギミック満載のユニコーンガンダムを体験してみてはいかがでしょうか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる