【レビュー】HGBD:R 1/144 コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はガンダムビルドダイバーズRe:RISEの主人公機であるコアガンダムの色違いVer.と追加装備であるマーズフォーユニットのHGガンプラが登場したので早速レビューしていきます。

本記事で紹介するポイントはこちら
・HGBD:Rコアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットの良いところ
・HGBD:Rコアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットのスペック
・可動範囲、合体ギミックの紹介

Contents

HGBD:Rコアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットの良いところ

可動域が広く様々なポーズがカッコよく決まる。
近接戦を意識した機体なのか攻撃的でシャープなプロポーション。
コアガンダムシリーズを組み合わせるといろいろ遊べそう 。

HGBD:Rコアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットのスペック

完成後のサイズ:約14㎝
組み立て時間:4~5時間ほど
価格:1,540円(税10%込)

可動範囲の紹介

まずはマーズフォーユニットジョッキング状態から紹介します。
顔は360度、腕部も縦や横に柔軟に動きヒジ関節も180度折れ曲がります。

腕部のシールドユニットのクローは可動します。

脚部も縦横に柔軟に動き、ヒザもU字に180度くらい折り曲げられます。
足首にも可動軸があり、このキットの自立に一役買っています。

続いて、コアガンダムです。可動範囲はドッキング時とほぼ同様です。

背中のバックパックのビームサーベルの柄の位置も調節できます。

短めの脚ですが丁寧に作りこまれておりきちんと折れ曲がります。

マーズフォーユニットはかなり刺々しいデザイン。
赤が鮮やかかで気に入っています^^

ドッキングギミック

胴→足→腕と追加パーツをかぶせています。
コアガンダムのパーツ差し替えもなくそのままスムーズにドッキングできます。

別売りのマーズフォーウェポンズを組み合わせることでマーズフォーガンダムが完成します!
このままでも十分カッコいい気がする。

総評

アースリィガンダム&ヴィートルーガンダムと同じく、広い可動域で良く動き様々なポージングが楽しめるガンプラです。
値段もお手頃で合体ギミックや様々なポージングを楽しめます。
組み立ても簡単でサクサク作っていけますので気軽にガンプラを楽しみたい方や、カスタマイズが好きなでオリジナルガンプラを作りたい方など手に取ってみてはいかがでしょうか。
単体でも十分カッコよく遊べますが、ぜひ他のコアガンダムシリーズと組み合わせて遊んでいただきたい!楽しさ倍増!かなり面白いのでオススメですよ!

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

【レビュー】コアガンダムシリーズで遊んでみるはこちら

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる