【レビュー】HGBD:R 1/144 ジュピターヴガンダム

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はガンダムビルドダイバーズRe:RISEの主人公機であるコアガンダムの宇宙戦形態であるジュピターヴガンダムのHGガンプラが登場したので早速レビューしていきます。

本記事で紹介するポイントはこちら
・HGBD:Rジュピターヴガンダムの良いところ
・HGBD:Rジュピターヴガンダムのスペック
・可動範囲、ギミックの紹介

Contents

HGBD:Rジュピターヴガンダムの良いところ

白ベースの洗練されたデザインでプロポーションも良くすごくカッコいい
武装の配置を自由に変えられるので好みのフォルムにできるようにカスタマイズ性が高い
台座が付属しているので宙に浮いたポーズも取りやすい

HGBD:Rジュピターヴガンダムのスペック

完成後のサイズ:約17㎝
組み立て時間:4~5時間ほど
価格:2,200円(税10%込)

台座やエフェクトパーツなど付属品が多い印象です。
宇宙用装備なので台座が付いているのはかなりうれしい仕様ですね。

可動範囲、武装ギミック

ジュピターブガンダム

顔パーツは横軸に一回転、上下は少し傾く程度に動かせます。
肩も前後に反らすことができます。

腕は関節も含め肩アーマーと腕の武装が少し干渉しますが、問題なく動かせます。

腰の付け根は少し上に浮かせる感じで動かすとスムーズに回転します。
フロントスカートが動きますので、足も広く動かせます。

脚部は前後左右に大きく動かせます。
ヒザ関節もジュピターアーマーの追加パーツとコアガンダムの脚部がうまくかみ合って問題なくU字に可動します。

足首に2個可動軸がありつま先立ちはもちろん、反対向きにも出来てしまいます。
付属の台座は腰部に接続させることができます。

かなり目を引くバックパック。
縦横斜めに動き、先端を少し伸ばせて360度回転できるギミックが付いています。

マルチコンテナビットはバックパックから取り外して、腕や台座に取り付けることができます。
専用のエフェクトパーツが2種類付属していてそれぞれ装着できます。

腕部のマニファービットは肩部の先端に取り付けることも可能になっています。
アーマー先端についていたビームガトリングはスプレーガンと合体でき、手持ち武器として持たせられます。

コアガンダム&ジュピターアーマー

装甲が無くなってシンプルになったので、若干可動範囲が広くなったようです。

足はボールジョイントで繋がっているので柔軟に動かせます。
背中のバックパックのビームサーベルの柄の位置も調節できます。

ボリューミーなジュピターアーマー。
バックパックのマルチコンテナビットに角度を付けることができます。

おまけ

ドッキング手順

胴→足→腕と追加パーツをかぶせています。
コアガンダムのパーツ差し替えもなくそのままスムーズにドッキングできます。

バックパックをかぶせてドッキング完了です。
足元がしっかりしているので、大きなバックパックを背負っていても問題無く自立できます。

他ガンプラとコラボ

左がアースリィガンダム付属のコアガンダムで、左が今回のコアガンダムです。
違いが分かりにくいですが、今回の方が少しだけ淡い色合いになっています。

アースリィガンダムのコアガンダムにジュピターアーマーをドッキング!
さらにほかのガンプラに付属していた台座を使ってダイナミックにディスプレイしています。

コアガンダムシリーズも多くなってきました。数揃えると映えますね。

総評

コアガンダム4体目のジュピターヴガンダムは個人的にはかなり好きなデザインでした。
コアシリーズを揃えても楽しいですが、ジュピターヴガンダムは単体でも武装の配置を変えて好みのフォルムに変更できる等、このガンプラだけでも十分カスタマイズを楽しむことができる良さがあります。
コアシリーズ共通の良さとして値段もお手頃で、時間をかけずサクサク作っていけるものですので、気軽にガンプラを楽しみたい方や、カスタマイズが好きなでオリジナルガンプラを作りたい方など手に取ってみてはいかがでしょうか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

【レビュー】コアガンダムシリーズで遊んでみるはこちら

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる