【レビュー】HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はビルドダイバーズRe:RISEに登場するガンダムジャスティスナイトのHGガンプラをレビューしていきます。

本記事で紹介するポイントは
・HGBD:Rガンダムジャスティスナイトの良いところ
・HGBD:Rガンダムジャスティスナイトのスペック
・可動範囲、ギミックの紹介

クスビルのアイコン画像クスビル

このガンプラ、シンプルな見た目に反してギミック盛りだくさんですよ!

Contents

HGBD:Rガンダムジャスティスナイトの良いところ

動かせる箇所が多く、いろいろなポージングができる
そのまま作ってもかなり精緻な色分けが可能
追加パーツを意識した工夫が多く、他のガンプラ武装との相性が良い

(写真は別売りのヴィートルーウェポンズを装備)

HGBD:Rガンダムジャスティスナイトのスペック

完成後のサイズ:約14㎝
組み立て時間:3~4時間ほど
価格:2,200円(税10%込)

クスビルのアイコン画像クスビル

そのまま作っただけでも完成度が高いですね

可動域の紹介

顔は360度回転し上下にも動きます。
肩を前方にせり出すことができ、肩アーマーも飾りも含めて大きく動きます。

腕も上下左右に広く動きます。
ヒジは180度近く折れ曲がりますが、曲げ方によっては肩のトゲにあたってしまうことがあります。

腹部にも可動軸があり、反り&かがみができます。
腰部は360度回転します。

珍しくサイドスカートが後方にスライドします。
リアスカートは股関節可動のストッパーにもなっています。

このガンプラには股関節の開閉ギミックがあります。
これをHGで見たのは初めてかもしれないです。技術が進んでいますね^^

もともと大きく開きますが関節を開くと可動域がさらに大きくなります。
(1枚目が通常、2枚目が開いた状態)

ヒザはU字に曲がります。足首、指先も動くため細かい表情付けが可能です。
付属の接続パーツを股間に装備させてアクションベースに接続します。

背中に背負うナイトウイング。左右の羽が動き、角度調整も可能です。
いかにも西洋騎士が持っていそうな西洋剣。ガラティンロングソード。

ロングソードはしっかり柄に収まります。こういう細かいギミックは好きです。^^
槍武装のライテイショットランサーも複数パターン持ち方があるようですね。

サークルシールドは腕にしっかりとはめて固定できるのでポロリに心配はありません。
裏面は追加武装の装着にも使えそうな穴がたくさんあります。

ロングソード、ショットランサー、ウイングは合体できサポートマシンになります。
ベース機を彷彿とさせるギミックですね。
他のガンプラ武装接続用に赤い拡張パーツとアクションベース用のパーツが付属しています。

総評

現段階では劇中でも目立った活躍が無くあまり期待してはいなかったのですが、いざ作ってみると細かい色分けや内部ギミックに驚きの連続でした!
確実にお値段以上の高クオリティガンプラだと思います。

プロポーションもカッコよく単体でも十分だと思いますが、他のRe:RISEシリーズとあわせてカスタムしながら遊んでも面白そうですね。
ギミックを楽しみながら作れるハイクオリティガンプラ、オススメですよ!

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる