【ガンプラ製作記】HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はビルドダイバーズRe:RISEに登場するガンダムジャスティスナイトのHGガンプラを作っていきます。

Contents

まずは内容物の確認

外箱を開けてみると以下が入っていました。
・ランナー×10
・シール
・組み立て説明書

クスビルのアイコン画像クスビル

シンプルそうな見た目でしたが、思ったよりランナー数が多めです

HGBD:Rガンダムジャスティスナイト組み立て開始!

胴体から組み立てていきます。
全体的にトーンを抑えた配色が特徴的ですね。

入り組んだ配色ですが塗装なしできれいに組み上がりますね。
シールすらも貼っていないそのままの状態でこの仕上がりは単純にすごい!

顔の細かいところもそのまま組むだけでも、きれいに色分けされています。

あまり見ない形の西洋騎士の鎧のような肩アーマー。
ぶら下がっている飾りは可動します。

腕のほうはとてもシンプルなベーシックなデザインで、内部フレームに白い外装をパチパチはめていきます。

特殊な形はしていなかったと思いますが、パーツ数が異様に多い気がします。

なるほど。
色のトーンが近いのでわかりにくいですが、色分け再現のために細かくパーツが分かれてますね。

足の指先にも可動軸があります。このガンプラ思ったより動くかもしれないぞ、、?

股関節が左右別々のパーツを組み合わせます。
この構成は間違いなく関節開きギミックがありますね。

スカートをつけて、全身を組み立てます。
ぼく、こういうシックなデザイン好きなんですよね^^

ウイングはマントに見立てて背中に装備します。

西洋剣のような見た目のガラディンロングソード。
きちんと鞘に収まる設計が非常に良いです!

ライテイショットランサーとサークルシールド。
こちらの色分けも素晴らしいです。

ちなみに武装群は合体してサポートマシンになります。
ベース機のインフィニットジャスティスガンダムっぽいギミックですね。

ガンダムジャスティスナイト組み立て完了!

というわけで無事、組み立て完了です。
シンプルな見た目のわりにパーツ数が多かった理由もよくわかりましたね。
こういう色分けに配慮した構造は大歓迎です!
組み立て時間は4時間くらいだったかな。
色分けに感動しつつ楽しく作ることができたかなと、満足度は高めの良ガンプラでした。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

icon icon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる