【レビュー】HGBD:R 1/144 アルスアースリィガンダム

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はガンダムビルドダイバーズRE:RISEの第2期から登場したもうひとつのアースリィガンダム、、、アルスアースリィガンダムのHGガンプラをレビューしていきます。

本記事で紹介するポイントはこちら
・HGBD:Rアルスアースリィガンダムの良いところ
・HGBD:Rアルスアースリィガンダムのスペック
・可動範囲、展開ギミックの紹介

Contents

HGBD:Rアルスアースリィガンダムの良いところ

簡単組み立てでプロポーションと合体&分離ギミックを両立できるハイクオリティガンプラ
ガンプラならではのあるとありがたい、気が利く工夫がある

HGBD:Rアルスアースリィガンダムのスペック

完成後のサイズ:約15㎝
組み立て時間:3時間ほど
価格:1,650円(税10%込)

可動範囲、展開ギミックの紹介

アルスアースリィガンダム

アルスアースリィガンダム専用の頭部でドッキング前のコアガンダムの頭部とは別物を差し替えています。

肩アーマーを装着しているものの、可動時の接触は無くスムーズに動かせます。

ヒジ関節はきちんと曲がり、二の腕から下にかけての向き調整も可能です。

ハンドパーツは3種類あって、握り×2&開き×1になっています。

腰パーツは上半身との付け根部分で分割されているので回転できます。
スカートはフロントのみ動かせます。

脚部は大きく広げられ、ポーズ保持力も問題なしです。

ヒザ関節はシンプルに動き、連動スライドなどの凝ったギミックは無し。

3点接地の珍しい形状の足パーツ。
一見安定しそうですが、実はそうでもなかったりします。。。

武装のビーム・ブレイドはハンドパーツを直接差し替えて装着させます。
刃自体にもディテールが施されている細かい仕様。

本家アースリィガンダムと同じような形状のビーム・ライフル。
アームカバーを開いたバーストシューティングモードも再現できる。

アルスコアガンダム

ドッキング時のものとは全く別物の頭部に取り替えます。
各関節の可動範囲はアルスアースリィガンダム時と変わらないまま。

アルスコアガンダムも3点接地のヒールのような足パーツです。

ビーム・ブレイドの他にコアスプレーガンが付属します。
このスプレーガンはヒロトのコアガンダムが持っているものと同型。

設定には無いプラモデル用のオリジナルのパーツハンガー。
使っていないハンドパーツや他のアーマーとの合体用ヘッドパーツも収納できます。

おまけ

オリジナルと比較するとドッキング前後ともにアルス版の方が若干大きいですね。

プラネッツシステム規格なので他のアーマーとドッキングも簡単にできます。

全体的にカッコいいけど頭部がシンプル過ぎるのでちょっと味気ない印象。

HGBD:Rアルスアースリィガンダムのまとめ

コアガンダムシリーズの中でも悪役らしいデザイン的で話題になったガンプラ。
一部差し換えが必要とはいえ劇中のギミックをほぼそのまま再現できています。
すでにリリースされている他のアーマーと組み合わせて遊べるところもポイントが高く、簡単に作れることもあってなかなかの良ガンプラなのではないでしょうか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

レビュー動画

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる