MENU
クスビル
管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

在宅趣味なら簡単に作れるプラモデルがおすすめ

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

外出が推奨されない環境が続き、家の中でできることや時間をつぶせる趣味をお探しの方におすすめなのがプラモデル!

なんといってもプラモデルの楽しさは、箱を開けるドキドキに少しずつ形が作られていく様子にワクワク感。

実際に動かして内部ギミックに感動したり、完成した満足感に浸るといったいろんな楽しい体験があの箱の中に詰まっています。

そこで今回は比較的安価で作りやすいキャラクタープラモデルを中心にジャンル分けして紹介します。

Contents

在宅趣味なら簡単に作れるプラモデルがおすすめ

ガンプラ

ガンプラ(ガンダム+プラモデル)はかなり有名なプラモジャンルです。

塗装や改造を行わない状態でもはっきりと色分けされ説明書もわかやすく組み立てがスムーズに進められることが特徴です。

ガンプラの中にも難易度や精密さに合わせてシリーズ分けされています。

最初に作るならまずHG(ハイグレード)シリーズがおすすめです。

パーツ数もそこまで多くなく時間をかけずに組み立てられる入門用にもぴったり!値段もお手頃で手に取りやすいです。

種類の多いガンプラをまんべんなく紹介した記事も合わせて読んでみてくださいね。

ぼくのおすすめHGキットはこちら

HG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]

HG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]レビュー
このプラモデルのポイント
  • 圧倒的にスタイルが良く可動ギミックがいたるところにあるのでどんなポーズでも自然にカッコ良く決まる
  • 内部構造が今までのガンプラから一新されたものになってギミックが多くてもお手軽に組み立てられる

Figure-rise Standard(フィギュアライズスタンダード)

ガンプラと同じメーカーであるバンダイから発売されているキャラクタープラモデル。

特徴としてドラゴンボールや仮面ライダー、デジモンなどメジャーなキャラクターを幅広くキット化しています。

パーツが大きく取り扱いやすいのでとても作りやすい&完成後のボリュームもそこそこあるので満足感も大きいです。

また立体としてよりカッコ良く見えるようにオリジナルデザインアレンジが入っているキットもあります。

ぼくのおすすめHGキットはこちら

ウォーグレイモン(AMPLIFIED)

このプラモデルのポイント
  • いざ作ってみると想像以上に簡単に作れて、完成後の出来栄えにも大満足!
  • オリジナルのデザインアレンジがダイナミックな存在感を演出し、 どの角度から見てもカッコいいシルエットを作りだす

美少女プラモデル

プラモデルのジャンルを紹介するうえで外せないのが美少女プラモ。

最近では非常にクオリティが高くフィギュア並みの外見を持つキットも登場してきている注目のジャンル。

このジャンルは大きく2つに分かれていて、

ひとつは『美少女+メカ』をテーマにしたもので有名なものとしてはフレームアームズガールやメガミデバイス。関節が動くようになっていて好きなようにポージングできることがポイント。

もうひとつはポージングは固定でフィギュアと同じように飾って楽しむタイプのものでFigure-rise LABOのような組み立てる美少女フィギュアがあります。

ぼくのおすすめHGキットはこちら

Figuer-rise LABO 式波・アスカ・ラングレー

このプラモデルのポイント
  • ポージング固定を活かした美しいラインを持ち、完成品フィギュアと言われても問題ないレベルの超絶美少女プラモデル
  • 設定どおりの抜群のスタイルを持ち、気の強さとあどけなさを絶妙にブレンドした神すぎる造形力
  • スーツとその下の素肌を連想させる透明感が無改造で再現できるずば抜けたクオリティ

HMM(ハイエンドマスターモデル)

最後に紹介するのはこれまた最近熱いゾイドシリーズ。

プラモ&フィギュアメーカーのコトブキヤが出しているシリーズでちょっと難易度は高めに設定されています。

ただし本家のタカラトミー版と違って自由にポージングできることや鋭い牙や爪を使った洗練されたシルエットそして精密なディテールが楽しめます。

感覚的にはミリタリー系やモビリティ系に近い印象がありますが、ガンダムや美少女とはまた違った魅力を持つ「機械+動物」の造形。

時間をかけて作っていく楽しみなんかはも他シリーズではなかなか味わえない魅力があったりもします。

HMMのゾイドシリーズを紹介した記事も合わせて読んでみてくださいね。

ぼくのおすすめHGキットはこちら

HMMジェノブレイカー リパッケージVer.

このプラモデルのポイント
  • ランナー数50個を超える大ボリュームで工業的な精密さと恐竜的な迫力を併せ持つキット
  • 特徴的なフリーラウンドシールドを活かしたダイナミックなポージングはカッコいいを通り越して凄まじい
  • 一見アンバランスながらも可動箇所が多く、パーツ保持力も申し分ないのでバランスをとりつつ自立できる

在宅趣味なら簡単に作れるプラモデルがおすすめ/まとめ

お手軽4ジャンルを紹介しましたが、気になるものはありましたか?

プラモデルは趣味としてもやりがいが多く、作るだけでなく改造&塗装をしてオリジナル感を演出。

さらに飾り台までこだわって雰囲気あるオブジェとしてディスプレイして楽しむのもあり。

ひと箱でこれだけ様々な楽しみ方ができる趣味もめずらしいと思いますので、在宅推奨のこの機会にぜひプラモデルの最初の扉を開いてみてはいかがでしょうか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる