【ガンプラ製作記】HGAC ガンダムサンドロック

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は当ブログ初のHGガンプラ、ガンダムサンドロックの製作記になります。

Contents

内容物

さっそく外箱を開けてみると
・ランナー×8
・組み立て説明書
・シール
・特典のガンダムブレイカーモバイルのプロダクトコード

クスビルのアイコン画像クスビル

意外とランナー数が多いですね。
もっと少なくコンパクトな感じかと思ってました

組み立て開始!

まずは胴体から組んでいきます。
最低限の可動と色分けですが、メリハリの効いた色合いに期待値が上がります。
胴体中央の緑円はシールを貼っています。

アゴと顔面がパーツ分割でキレイに色分けされていることに感動!
カメラアイとトサカのアンテナはシールで色分けしています。

大きな白い肩パーツに上からグレーのパーツを被せるように取り付けます。

腕の内部は3パーツで2重関節を構成しています。

クスビルのアイコン画像クスビル

シンプルな組み立てで良ギミックなのはうれしいですね

腕を左右でそろえて、上半身を組み立てます。
手のひらパーツは2種の握りと開きパーツの3種類。

ズッシリとした脚部パーツ。
こちらも腕と同様に2重関節になっています。

細かく色分けされている腰部。
このパーツだけ見ると日本武将の腰当みたいに見えます(笑

背中のブースターはかなりシンプル。

上半身と下半身はボールジョイントで合体させ、背中のブースターをくっつけます。

ヘビの頭を模したシールドです。
目はシールを貼ります。

武装のヒートショーテル。
通常のグレーと赤熱化の赤いクリアパーツ版の2種類あり、収納時は背中にシールドと共に背負わせます。

ガンダムサンドロック完成!

無事完成!
そのままの組み立てでも、キレイに色分けされていて良い感じです!
パッと見バランス良いシルエットでまとまっており、関節もシンプルながら2重関節なのでポージングの自由度もかなり高そうです。

可動範囲やギミック等については次回のレビュー記事にて解説します。
どうぞお楽しみに!

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

icon icon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる