【ガンプラ製作記】RG 1/144 ウイングガンダムゼロEW

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は超人気ガンダムである、ウイングガンダムゼロEWのRGキットを組んでいきます。

このガンプラの気になるところは
  • ガンプラとしてのクオリティ(ギミックや武装の再現性)
  • 4枚羽の構成
  • 組み立て時間、難しさ
クスビルのアイコン画像クスビル

4枚の羽がどんな感じに再現されているか楽しみです!

Contents

内容物の確認

外箱を開けると
・ランナー×9個
・組み立て説明書
・デカール(シール)
が入っています。

クスビルのアイコン画像クスビル

9個中3個が羽の構成パーツですね
構成パーツが多いということはたくさん動くのかな?
期待が膨らみます^^

RGウイングゼロEW組み立て開始!

まずは下半身から組んでいきます。
内部フレームから組んでいき、その上から白い外装パーツを被せていきます。
パズルのように組み上がっていくのでなかなか楽しいです。
組んだ脚部は関節の可動に合わせてスライドし
つま先にも可動軸があるので余すことなくいろんな箇所が動かせます。

一見細かいパーツが多そうでしたのでパーツ数が少なくホッとしました。
股関節の可動軸は下にスライドさせることができ、
よりダイナミックなポーズを取らせることができます。

クスビルのアイコン画像クスビル

腰部は細かいパーツが多いうえに、
入り組んでいることが多いので苦手だったりします(汗)

ゼロシステムのインターフェースを思わせる球体が特徴的な胸部です。
肩部のマシンキャノン開閉もきっちり再現されています。
ちらっと見えるマシンキャノンがかわいいです(←発言が末期w

シンプルな構造で、かなりスラっとした腕です。
ヒジの可動に合わせて内部フレームが動き、肩パーツもスライドするギミックがあります。

顔は細いパーツが多い割に
パーツの差し込みに力がいるので壊さないように慎重に組んでいきます。

ウイングゼロの最大の特徴といえる4枚の羽パーツです。
たくさんの可動箇所がありますがその分構成パーツ数も多いですね。

羽パーツも立体パズルを組んでいるようでだんだん形になっていく様子が楽しいです。

バックパック兼アームと合体させるとかなり大ボリュームになります。

ツインバスターライフル。
この武装も丁寧に作られていて、連結と分割も自由自在です。

クスビルのアイコン画像クスビル

個人的には片手1丁ずつの持ち方が好きだったりします

ビームサーベル
めずらしい緑色の刃ですね。でもきれいですね。
普段は羽の付け根に収納されています。

その他付属品は
手のひらパーツが握り、開き、可動がそれぞれ左右2個ずつ
アクションべース接続用のパーツとパイロット(ヒイロ・ユイ)のフィギュアが付いています。

組み終えての感想

羽のパーツ数は多いですが、大きいパーツが多く組みやすかったです。
組み立て時間は6~7時間ほどで完成しました。
改めて見ると超かっこいいですね!
羽を大きく広げたポーズがよく似合います。
本体自体はさほど大きくないですが羽がボリューム大なのでどこに飾ろうか考え中です。

今回は以上になります。
この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる