【レビュー】RG 1/144 RX-78-2 ガンダム

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

今や数多くあるRGシリーズの原点、そして機動戦士ガンダムの主人公機であるRX-78-2ガンダムのRGガンプラをレビューしていきます。

本記事で紹介するポイントはこちら
  • RGガンダムの良いところ
  • RGガンダムのスペック
  • 可動ギミック、付属品の紹介
Contents

RGガンダムの良いところ

ポイント
  • 細かい色使いやギミックを盛り込んで1/144スケールとは思えない精密性を実現させたガンダム
  • スタイルの良さはもちろん、可動域も申し分なく付属品と合わせて幅広いポージングで飾れる

RGガンダムのスペック

完成後のサイズ:約13㎝
組み立て時間:4時間ほど
価格:2,750円(税10%込)

ランナー×10
リアリスティックデカール
組み立て説明書

RGガンダムの可動ギミック&付属品

頭部センサー、頬のダクト、バルカンなどがキレイに色分けされている頭部。カメラアイはデカールを貼っています。

可動域は申し分なく、上下左右に動き首元の可動軸も合わせると結構広め。

胴体側装甲の可動は無いものの、関節軸自体は前方に曲げられる。

肩アーマーなどの装飾品がシンプルなので、前後左右に広い可動域を最大限動かせる。

ヒジ関節はヒジ上、ヒジ下にそれぞれ軸があるのでほぼU字の可動ができ、2の腕から下パーツの向き調整にも対応。

ハンドパーツは指が動くものと握りが左右1種類ずつ付属している。

コックピットハッチは若干開き内側のコアブロックがチラリ。腰の捻りには対応しているもののお辞儀のような腹部を縦に折り曲げる動作はできない。

スカートは計6枚それぞれ独立して可動します。フロントとリアは若干外れやすいので注意。

足周りもスカートが短く可動に干渉しないので伸び伸びと前後左右に動かせる。

RGらしいギミックが詰まった脚部。太ももとヒザは曲げることでそれぞれ連動して外装がスライドします。

他にも太ももの下の外装なんかが連動はしないものの開く。こういった精密感を演出してくれる構造がRGシリーズの素晴らしいところ。

足裏が3つに分割されていてポーズに合わせて柔軟に形状を調整できるようになっている。

ビーム・ライフル
このパーツも内装と外装に色分けされていて、スコープやサブグリップが動く。

ハイパー・バズーカ
持ち手の角度が若干動くので難なく肩掛けポーズも可。裏から見ると弾倉がしっかり再現されている。

ビーム・サーベル
エフェクトパーツが2本。柄はハンドパーツ接続用のものとバックパック収納用のものが2個ずつ付属している。

シールド
シールド側のアタッチメントパーツが上下にスライドして持ち位置を変えられるようになっていて他の付属品と組み合わせた時に取り回しが良い。

胴体に埋まっているコア・ブロックは変形してコア・ファイターになります。小さなコックピットハッチまで開く精密っぷり!

実は変形しない内部パーツも付属していて、コア・ファイターを外に出して一緒にディスプレイすることもできる。

腰パーツには外装が開くギミックがありそこに台座用のアタッチメントパーツを差し込んだり、ハイパー・バズーカをマウントできる。

バズーカ以外はシールドにマウントできコンパクトにまとめられる。パイロットフィギュアも付属しています。

RGガンダム/まとめ

最初のRG、そしてガンダムということで当時のメーカーの力の入れ具合が凄かったんだなーとヒシヒシと伝わってくるようなガンプラでした。

とにかくカッコ良く動き、ギミックも満載です。1/144スケールのガンダムはたくさん出てますが、コア・ファイター分離のギミックを積んでいるキットはこのRGガンダムだけではないでしょうか。

ただ初期RGによく言われるパーツが外れやすい点もあるのでポージングをする際はご注意ください。

とはいえ10年前のガンプラとはとても思えない質の高さがあり、今作っても十分楽しめるガンダム。

気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

RGガンダムの動画

icon icon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる