MENU
クスビル
管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

【レビュー】MG 1/100 ガンダムデスサイズEW (ルーセット装備)

ガンダムデスサイズEWルーセット装備レビュー

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は、プレミアムバンダイからガンダムデスサイズの強化装備であるルーセットを装着した状態でガンプラとして発売したので早速レビューます。

Contents

MGガンダムデスサイズEW(ルーセット装備)の良いところ

ルーセット装備形態によって、見た目が大きく変わるのでいろんなパターンでディスプレイできる
かなり丁寧な色分けがされていてそのまま作ってもカッコいい出来栄え

MGガンダムデスサイズ(ルーセット装備)のスペック

完成後のサイズ:約18㎝
組み立て時間:5時間ほど
価格:4,950円(税込)

一般販売されているガンダムデスサイズEWにルーセット装備のパーツを増やした感じのパッケージです。
新規の水転写式デカールも付いています。

MGガンダムデスサイズ(ルーセット装備)の可動範囲、ギミックの紹介

細かく作りこまれた頭部。バルカンや頬の色分けも完ぺき
可動部付近もスッキリしているので顔周りの可動はスムーズ。

首は付け根を軸に前後に動かせます。
胸部のコクピットハッチは開閉し、中にはパイロットのデュオ・マックスウェル。

腹部と腰の間にパーツを噛ましているので結構反ることができます。
肩は前方にのみ傾けられる。

腕回りは広く動かせますがルーセット装備があるので後方には動かしづらい。
パーツを損傷しないように注意が必要。

ヒジ関節もしっかりV字に曲がり、角度調整も可能。

このキットの手は親指以外を差し替える方式。
開き、握り、武装持ち手、ビームサイズ用の凸が付いたものと合わせて4種類が付属。

フロント、サイド、リアそれぞれ可動します。
形状が凝っていてこのキットの中でお気に入りの部位の一つ。

足回りの可動範囲も広めになっています。
ルーセットが収納形態だと足を後ろ側に持っていくとモロにぶつかるので注意。

曲げると外装が連動してスライドして内側のフレームがチラッと見えます。

あまり見たことない形状の足先。しかも先端が前後に動きます。

いよいよルーセット装備。
もともとのバックパックのパーツを一部差し換えることで換装でき、ウイングの角度調整が可能。

2カ所スライドギミックがありウイングを大きく展開!
また、変形ギミックまであるのでウイングを折りたたんで収納もできる。

ガンダムデスサイズの象徴的な武装。柄もかなり長く見た目も大鎌という感じ。

ビームエフェクトパーツにも細かいディテールが彫り込まれています。
背負い用のアタッチメントも付属していて、バックパックに装着可。

EW版になってずいぶん攻撃的なシルエットに変わったバスターシールド。
クローは左右連動して開閉します。

こちらも大きなビームエフェクトパーツがあります。
アタッチメントパーツを通してガッチリ腕に固定。

最後に股下に装着できるアクションベース用のアタッチメントパーツがちゃんと付属。
おまけに立ちポーズのパイロットフィギュア(デュオ・マックスウェル)もあります。

MGガンダムデスサイズEW(ルーセット装備)の組み立て

球体上のコクピットが再現された胴体。
中にパイロットフィギュア(デュオ・マックスウェル)を配置できます。

シンプルながら丁寧に色分けされた外装を取り付けていく。

アンテナがカメラアイに被さるちょっと変わった頭部。
カメラアイと上部センサーはシールを貼っています。

特養的な大きな肩アーマーの下には排気口のようなダクトパーツが配置されていました。

暗闇を思わせるような深い紺と黄色が絶妙にマッチしたカラーリング。
機体コンセプトとあっていてかなりカッコ良いです。

こちらもデスサイズ特有の上向きに突き出た足先。
先端は若干動かせます。

内部フレームの上から白い外装を取り付けていきます。
ヒザ可動時の連動スライドももちろん搭載!

今回の腰パーツには関節可動は付いていませんでした。

スカートも3色に色分けされている丁寧な作りです。
些細な箇所ですがなんだかうれしい^^

今回の目玉であるルーセット装備。
簡素な見た目に反して意外とパーツ数が結構多いことに驚き。

ウイングガンダムEWに近いカラーリング。
ピンポイントで入っている赤色がいい味出ています。

ルーセット装備は大胆に変形するギミックがあり、収納と展開モードの切り替えができる。
ちなみにパーツはあるので通常状態のバックパックも再現可能でした。

デスサイズの代名詞であるビームサイズ。
柄のサイズはかなり長く、ビームエフェクトパーツにも細かいディテールがビッシリ施されている。

バスターシールドは、クロー部分に可動ビミックがあり、左右同時に開閉します。

MGガンダムデスサイズEW(ルーセット装備)/まとめ

敗者たちの栄光カスタムシリーズ、今回のガンダムデスサイズEW(ルーセット装備)もぼく的には当たりでしたね。
このシリーズはヘビーアームズのイーゲル装備の時も思いましたが、カスタム元の特性を生かしたオプションになっているので、付けるか付けないかでいうと絶対にオプション装備を付けた方がいいと断言できるくらいカッコいいキットになっています。
ギミックもたくさん詰まっているので、今後の敗者たちの栄光カスタムにも期待が膨らみます。
次は出るとなるとサンドロックですかね?今から楽しみです。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

↑2020年発売のおすすめガンプラはこちら

MGガンダムデスサイズEW(ルーセット装備)のレビュー動画

ガンダムデスサイズEWルーセット装備レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる