【レビュー】HGUC 1/144 ペーネロペー

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は閃光のハサウェイでのメインモビルスーツであるペーネロペー。
待望のHGUCガンプラで登場したので早速レビューしていきます。

本記事で紹介するポイントはこちら
・HGUCペーネロペーの良いところ
・HGUCペーネロペーのスペック
HGUCペーネロペーの可動範囲、ギミックの紹介

HGUCペーネロペーの合体&変形

Contents

HGUCペーネロペーの良いところ

規格外サイズのガンプラでプロポーションもバランス良くまとまっているおかげでダイナミックにディスプレイできる
HGシリーズなのでパーツ数が見た目のボリュームに反してそこまで多くなく、サクサク組み立てられる

HGUCペーネロペーのスペック

基本情報

完成後のサイズ:約27㎝
組み立て時間:7~8時間ほど
価格:7,480円(税10%込)

クスビルのアイコン画像クスビル

ちなみにオデュッセウスガンダム時は19㎝
FFユニット40㎝超え、、、デカ過ぎ(笑)

パッケージイラストが神々しい、、、(‐人‐)
ランナー数は驚愕の18個!!
組み立て説明書もなんと35ページ←通常の倍近いボリューム、、

クスビルのアイコン画像クスビル

1Lのパックが小さく見えるほど巨大な外箱です!!

ほかのガンプラとサイズ比較

同スケールのデスティニーガンダムの200%、1/100のV2アサルトバスターより若干大きいという規格外のサイズ!
オデュッセウスガンダム時でも標準的なMGガンプラとほぼ同サイズ。

HGUCペーネロペーの遊び要素

ペーネロペーの可動とギミック

はじめにお伝えしておくと、このガンプラはあまり動けません(笑)
顔は向きをほんのちょびっと動かせる程度に、機首部は上下に可動でき肩部の武装は上方向に360度可動します。

腕は上がらず水平より少し下まで上がります。
ヒジを曲げてみるも肩と干渉して90度ほどが限界です。
ヒジの付け根に回転軸があるので腕の大きなコンポジット・ウェポン・ユニットの位置をある程度調整できます。

足は前後左右に結構動きます。つま先を下に動かせます。

肩部のカバーをはめなおすことでファンネル・ミサイルハッチが顔を出します。
肩部武装に付属のビームサーベルを装着可能。

胸部ダクトはパーツ差し替えで2種再現。
腕部のコンポジット・ウェポン・ユニットはビームエフェクトパーツが装着でき、中央のメガ粒子砲は前面に展開可能です。

背部ウイングは角度が変わります。
付属のディスプレイ・スタンドは角度を2段階調整できるうれしい仕様です。

付属品は
ビームライフル
手首パーツ×5
ビームサーベルエフェクト×2
FFユニット時に使う専用パーツ×2
オデュッセウスガンダム用股関節パーツ

両腕の二の腕が取れやすいのが唯一の弱点かな、、

クスビルのアイコン画像クスビル

ビームライフルも結構大きいサイズなのですが、ペーネロペーが持つと完全におもちゃですね(笑)

オデュッセウスの可動とギミック

顔はペーネロペー時と違って干渉するものがないので横軸360度、上下にも多少動きます。
オデュッセウスガンダムの腕には肩とヒジの付け根に回転軸がある不思議な仕様になっています。
(コマ芸ですが、3枚目の画像左右で関節の向きが90度違います。)

腰関節はあまり動かせず、代わりというわけではないですがスカートはよく動きます。

シンプルな構造なので足も良く動きます。
リアスカートが柔軟に動くので干渉することなく後ろ側にも展開できます。

両腕の複合兵装にビームサーベルを装着でき、メガ粒子砲ギミックもきっちり再現!
ビームライフルはグリップを手首でしっかり固定できるのでプラプラせずしっかり保持できます。

FF(フィックスド・フライト)ユニット

完成後のサイズが全長約40㎝というガンプラとしても規格外の支援ユニット。

FFユニット組み立て手順。
最長パーツを軸に機首下にペーネロペー時の胸部とスカートパーツを付け、FFユニット専用パーツで裏側から固定します。

両側からウイングを取り付け、脚部のパーツを取り付けて完成!

HGUCペーネロペーの合体&変形ギミック

ペーネロペーへの合体

オデュッセウスガンダムの肩を伸ばし、ペーネロペー用の股関節に差し替えます。

赤いゲタを履かせてスカート、胸部、バックパックとFFユニットのパーツをかぶせていきます。

前後の肩パーツをかぶせて完成です。

クスビルのアイコン画像クスビル

最初の印象はポンチョ着たガンダムでした(笑)

フライト・フォームへの変形

ペーネロペーの頭部アンテナを折り曲げて内側へ収納し、肩と腰部のウイングを前方に開きます。

背部バインダーも地面と平行になるよう大きく開いて、脚部を揃えてつま先を折りたたむ。
背中のスタビライザーを伸ばしたら完成!

ペーネロペー時から差し替えなしで変形可能でさらに一回りサイズアップします。

クスビルのアイコン画像クスビル

フライト・フォームなんてもう完全に怪獣ですね(笑)

HGUCペーネロペーの総評

大きいことに目が行きがちですが、他にも差し替えなし変形&腕部や肩部の細かいギミック付きと単にガンプラとしてみても完成度の高いキットではないでしょうか。
パーツ数は多いですがサクサク作ることができます。
あっという間に形になるので作っている最中もワクワクしっぱなしです^^


大きいは正義志向の方や閃光のハサウェイファンの方に、ぜひ手に取ってもらいたい良いガンプラだと思います。
大きいだけじゃなくとてもカッコいいのでオススメですよ!

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

2019年おすすめガンプラ5選!はこちら

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる