【ガンプラ製作記】RG 1/144 クロスボーン・ガンダムX1

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は待望の立体化RGのクロスボーンガンダムX1を作っていきたいと思います。

箱を開けて、ランナーを広げてみましたが、、、思ったより数が少ない!
最近ゴテゴテしたキットを連続で作っていたせいか若干物足りないと感じなくもないのですが
まぁ完成後がカッコよければ何でもいいんですけどね(笑

まずはクロスボーンガンダムの象徴と言えるX字のブースター兼コア・ファイターの組み立て
色分けもバッチリです!細かいパーツもなくスムーズに組んでいけます。

脚部
フレームだけ組むこともできる再現性に〇
ひざを曲げると前部装甲がスライドします。
最近のキットには当たり前のようについている機構ですが何回見ても動くと嬉しいです。

腰部
少しわかりにくいですがスカートを構成するパーツの数が多すぎます。
何かのギミックが仕込まれているのだろうか、、、

腕部
細かいパーツが多く組むのに一番時間のかかった部位です。
肩アーマーは腕部と合体しています。
後から肩アーマーを被せるタイプはすぐとれるので僕的にはこちらの形式のほうが好きです。

上半身と頭部
上半身は何というか無個性ですね、、、
頭部フェイスオープンもしっかり再現されています。
そして頭部の髑髏がデカールじゃなくてホントに良かった。
やはり成形パーツで再現されていると拍がつきますね。

A.B.C.マント
全9パーツで構成されており上部のパーツにある穴に各部のボールジョイントを差し込むことである程度動かせ、表情付けすることができます。

武装
海賊らしい意匠の武装群です。
設定どおりにバスターガンとビーム・ザンバーの連結もできます。
ビームエフェクトも細かいディティールが施されています。

マントの有る無しでだいぶ印象が変わります。
個人的にはマントあるほうが好きですが、
ポーズをとらせるとまた変わるんでしょうね(笑

休憩しながら作りましたが素組なら5~6時間くらいで作れます。
どうやらこのキット、かなりギミックが仕込まれているらしく遊びごたえがあると聞いています。
全体レビューはまた次回にまわします。
ここまで見ていただきありがとうございました。

icon icon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる