【レビュー】RG 1/144 パーフェクトストライクガンダム

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はプレバン限定で販売されたRGのパーフェクトストライクガンダムを組みましたのでそのレビュー記事になります。

本記事で紹介するポイントは
・RGパーフェクトストライクガンダムの良いところ
・完成後の全体像
・可動範囲、ギミックの紹介

Contents

RGパーフェクトストライクガンダムの良いところ

パーフェクトストライク_製作2

RG屈指のパーツ数に大ボリュームキットなのでかなり作りごたえがあります。
様々な武装があるので、いつも以上にいろんなポージングが楽しめます。
あと、専用の透明な台座が付いているところもうれしいですね。

クスビルのアイコン画像クスビル

どんなポーズも良い感じになるからどう飾ろうか悩む、、

このガンプラの完成後の全体像

完成後のサイズは14㎝ほどですが、横幅と奥行きが大きい。
3種類のストライカーが絶妙なバランスで装備されている全部乗せガンダムです。
製作時間は9時間ほどでした。(デカールを入れると、さらに+3時間ほど、、、)

可動範囲、ギミックの紹介

上半身
ストライカーパックの干渉があるため、肩はあまり上がりません。
ヒジは180度近く曲がり装甲がスライドし、コクピットハッチもきちんと開きます。

下半身
追加パーツがないため割と広い範囲で自由に動かせます。
ヒザも装甲スライドさせながら180度近く曲がり、足先も動かせる丁寧な構造をしています。

エールストライカー
背中の大きなウイングやバックパックが稼働します。
マルチプルアサルトストライカーの特徴的な追加バッテリーは一つ一つ着脱可能。

ソードストライカー
対艦刀シュベルトゲベールと肩に装着されているブーメランにはビームエフェクトパーツを付けることができます。
また、アンカーの先は可動し付属のリード線を取り付け可能です。

ランチャーストライカー
アグニは裏側にアームがありしっかりと保持できます。
肩パーツのウイング(?)は可動します。

残りの付属品として
・ビームサーベル
・ビームライフル
・シールド
・アーマーシュナイダー
・手首パーツ3種(握り、可動、持ち手)
とストライクガンダム素体の武装とパイロットフィギュアも付いています。

武装解除した素体の状態でもバランス良いプロポーション!
アーマーシュナイダーは設定どおりにサイドスカートに収納できます。

RGパーフェクトストライクガンダム/まとめ

上のほうに少し書いてあるのですが想像以上に見栄えが良く、どんなポーズでもカッコ良く決まります!付属品が多いことや専用の台座が付属していることもうれしいです。組み立てボリュームはRGの中でもかなり多い部類に入ると思いますので組みごたえを求める方にもおすすめできるガンプラです。武装が多すぎて可動範囲が狭くなっていることもあり、ポーズを取らせることが難しい場面もありました。まぁこれは仕方ないかな(笑)

クスビルのアイコン画像クスビル

デカール貼りが多すぎてしんどかった(汗)
ただ、貼るともともと良い見栄えがさらに良くなります^^

今回は以上になります。
この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

icon icon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる