MENU
クスビル
管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

【レビュー】HGUC 1/144 ディキトゥス(光のカリスト専用機)

HGUCディキトゥス(光のカリスト専用機)レビュー

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

今回はプレミアムバンダイからクロスボーン・ガンダムX1フルクロスと同時リリースされた鋼鉄の七人に登場するディキトゥス(光のカリスト専用機)のHGガンプラをレビューしてます。

Contents

HGUCディキトゥス(光のカリスト専用機)の良いところ

ポイント
  • パーツ一つ一つが大きく作りやすく、完成後のボリュームもありラスボスらしい迫力のあるキット
  • モビルアーマー形態の自由度も高くエフェクトパーツを取り付けてカッコ良く飾ったり他のガンプラを掴ませたりと幅広く遊べる

HGUCディキトゥス(光のカリスト専用機)のスペック

完成後のサイズ:約14㎝
組み立て時間:3時間ほど
価格:3,960円(税込)

・ランナー×13
・シール
・組み立て説明書

HGUCディキトゥス(光のカリスト専用機)の可動&変形ギミック

頭部はほぼ固定で真ん中を軸に回転くらいなら動かせます。カメラアイは仮面の内部にシールを貼って再現していて、シールも数パターン用意させているので好きな位置に持っていくことができます。

構造がスッキリしているので、腕周りの可動はかなり良好ですね。全体的にパーツに艶が入っているで形状にあった妖しさを醸し出す見た目。

ヒジ関節の可動域はピッタリくっつくわけでは無いにしろ、腕は180度折り曲げることができます。逆にこの大味の形状でピッタリ折れても気持ち悪いので丁度良い塩梅かと。

左肩に装備されているシールド(?)も上下に動かせる。

左腕の大きなクローは上下のパーツがそれぞれ動くようになっているので、何かを挟んだり掴めるようになっています。

右腕にはハンドパーツが取り付けられていて後述する手持ち武装を装着できる。こちらのクローも上下に動かせハンドパーツの向きも変えられる。

上半身と下半身のつなぎは軸長めのボールジョイントになっていて反りや回転にも対応。

しっかりと色分けされているスカート。こちらも少しですが上下に動かすことができます。

足周り関節は広々動きます。ただスカートが干渉するので後方への可動が前方ほど広くはない模様。それでも十分動く方なのでほとんど気にならない。

ヒザ関節は通常の折れ曲がりかたとさらに逆方向へも動かせる柔らかさ!ガンダムタイプではほとんどできないおもしろポーズなんかも取れそう。

ピエロを思わせるような足首パーツが印象的でこれのおかげで安定して自立できるようになっています。珍しいことに足裏にも一切ディテールが入っていない。

本キットのビームエフェクトパーツは流れるようなディテールが細かく彫り込まれていて、サイズも大きので見た目のインパクト大。

数も豊富に揃っているので全て取り付けると迫力のあるポージングが可能となる。

別パーツを使って首を伸ばすことが可能。股下に接続穴があるので台座を使いたい場合はそこに差し込みます。

胸パーツのみ差し替えが必要ですが簡単にモビルアーマーへ変貌。このキットには台座は付属していないのでこの形態でディスプレイたい人は別途用意する必要があるので注意してください。

もともと関節が柔軟に作られているのでこの形態でもいろいろなポージングができる。

ビームエフェクトパーツはこの状態でも取り付け可能となっている。台座を使う場合は股下ではなく背中のカバーを外して直接差し込みます。重心が前方に偏るのでアクションベースの台座を2枚連結させた状態でようやくディスプレイできる。

同じHGシリーズのフルクロスと並べるとボリューム感としては少し大きめなので丁度いい感じ。2体とも付属品に恵まれているのでディスプレイも思いのまま。

モビルアーマー形態では関節の保持力が強いので他のガンフラを掴んで固定することもできる。

HGUCディキトゥス組み立て

真ん中できれいに色分けされたボディパーツ。中はスカスカの空洞なので見た目の割には軽く扱いやすい。

左右に腕の関節パーツとスカートを取り付けます。スカートは前後に可動しモデルアーマー形態時に活用できます。

かなり小さな頭部。内側に赤いドットのシールを貼り、そのまま胴体に白いパーツとともに取り付けます。

ディキトゥスの腕は構造も見た目もかなりシンプル。白い右腕には握りのハンドパーツがあります。

左腕にはハンドパーツは無く、大きなかぎ爪と肩パーツに連なるシールド(?)と射撃武器の複合武装が装備されます。

パーツを組み合わせるときれいに左右で色分けされた上半身が出来上がります。伸びた背中に大きな推進部があり高機動を思わせます。

ヒザの関節が柔らかく前後方向に動かすことができます。実は足首も柔軟に動くので単純な見た目に反して高性能な脚部である。

全身組み立てるとアンバランスに見えるが大きな足の平のおかげで自立は得意。

ビームエフェクトパーツは豊富で、大型のビームアックス&手足の先に大型のパーツをセットできる。さらに頭部横にもエフェクトパーツを差せる。

頭部に追加パーツ。そして胸部パーツを差し替えることで巨大な手のようなモビルアーマー形態へと変形できます。この形態での迫力は絶大で手に入れて良かったと思う瞬間でした。

HGUCディキトゥス(光のカリスト専用機)/まとめ

この機体のリリースにいろんな人が驚いていたのが記憶に新しい話題のキット。

組み立ては非常に簡単かつであっという間に形になるのでめっちゃ組み立てが楽しいガンプラでした。

モビルアーマー形態時の遊び要素もあってスケールの違うほかのガンプラと組み合わせたりしても面白そうないろんな意味でカスタムしがいの機体だと思います。

ゲテモノ好きなビルダーはぜひとも手に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

↑2020年発売のおすすめガンプラはこちら

HGUCディキトゥス(光のカリスト専用機)レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる