【ガンプラ製作記】RG1/144ストライクフリーダムガンダム

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はSEED Destiny後半の主人公機の内の1機
ストライクフリーダムガンダムのRGキットを組んでいきます。

このガンプラの気になるところは
・ガンプラとしてのクオリティ
 (ギミックや武装の再現性)
・組み立て時間がどれくらいかかるのか
・組み立て難易度はどれくらいなのか
・内部フレームの配色
でしょうか。

クスビルのアイコン画像クスビル

ストライクフリーダムはアニメ設定で内部フレームが金色なので、
その設定がどんな形で再現されているのか気になりますね

Contents

内容物の確認

外箱を開けると
・ランナー×11
・組み立て説明書
・デカール(シール)
が入っています。

内部フレームの組み立て

説明書の手順とは違いますが
まずは金色のフレームから組んでいきます!

本当にまっ黄色なフレームで新鮮すぎます(笑
肝心の可動範囲は正座ができるほど広く、色が変わっていても優秀な内部フレームのようです。
そして羽のフレームのみメッキ塗装されています。

クスビルのアイコン画像クスビル

メッキ、ラメ入り、黄土色に近いものと複数の金色が使われていて、見栄え良いです^^

外部装甲の追加

部分的にみるとかなりゴツイ足先です。
可動範囲が広く直角近くまで曲げることができます。

外部装甲の関節連動ギミックがあり、曲げると金色のフレームが顔を出します。

続いて胴体です。
胸にあるグレーのエアダクトのパーツやお腹のビーム兵装が隙間なくぴったりはめ込めます。
コクピット開閉ギミックもバッチリ再現。

腕と肩です。
パーツ数が少なく複雑な構造でもないため、あっという間に組めます。

頭部は丁寧なパーツ分けで色分けもバッチリです。

腰部のレール砲は折り曲げ式になっています。
砲身が伸びるギミック付きです。

スーパードラグーンは8枚あり、
同じパーツを何個も作るのは大変です、、、
バインダーも含めると大きなウイングとなり、迫力があります。

ビームライフル×2
変形ギミックがあるためかパーツ数が少し多めです。
ビームライフル同士の連結もきちんと再現されています。
ビームシールドは無色透明です。
これはデカールを貼るなど工夫しないと味気ないですね。

組んでみての感想

全体としてはスマートにまとまっていますが
細かいギミックが多くあり、一般的なRGと比べると組み立て難易度が高いような気がします。
組み立て時間は11時間くらいでしょうか。
その分、設定は忠実に再現されており完成後の満足度は高いです。

この記事がRGストライクフリーダム組み立ての参考になれば幸いです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる