MENU
クスビル
管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

【レビュー】HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

プレミアムバンダイからリリースしたHGクロスボーン・ガンダムX1に追加装備を付属したHGクロスボーン・ガンダムX1改をレビューしていきます。

Contents

HGUCクロスボーン・ガンダムX1改の良いところ

ポイント
  • 全体的に丁寧に色分けされていて可動域も十分に確保できたガンプラ
  • オプションパーツが豊富で海賊的な意匠のアイテムも多くカッコいいポージングを幅広く楽しめる
  • フィルムっぽい独特の素材で作られたA.B.C.マントが付属していて設定に近い雰囲気で装備できる

HGUCクロスボーン・ガンダムX1改のスペック

マントを付けるとシルエットがぼやけてミステリアスで正体不明な印象。

一方マントを脱ぐとメリハリの効いた攻撃的、アグレッシブな見た目に変わります。

完成後のサイズ:約15㎝
組み立て時間:4時間ほど
価格:2,200円(税込)

・ランナー×13、リード線(太&細)
・マント、ホイルシール
・組み立て説明書×2

HGUCクロスボーン・ガンダムX1改の可動域&付属品

額のドクロエンブレムはシールではなくちゃんと立体的なパーツとして再現されている力の入れっぷりが素晴らしい。

フェイスオープンギミックはフェイス部を差し替えて再現。

首元がスッキリしているので顔の向き調整は左右上下に対応。

胸部ダクトは別パーツで色分けしエンブレムはホイルシールで再現。

肩関節は内部パーツがせり出る構造なので肩自体を大きく前方に入れ込める。

腕の可動域は柔軟に広く前後左右に動かせる。

ヒジ関節は2個軸を持ったものでU字に折りたためて、角度調整も可能。

上半身と下半身の接合にはボールジョイントを採用しているので多少の角度付けもできる。

スカートはフロントとサイドがそれぞれ可動。フロントの左右はくっついているので同時に動きます。

足の可動域は良好。ただ、リアスカートが固定なので後方への可動は不得意。

太ももの付け根に回転軸があり足の向きを調節できる構造になっている。

ヒザパーツ自体にも丁寧にディテールが施されていて曲げた時の露出部にもメカニカルな雰囲気が残ります。

足裏は肉抜き感が残るちょっと物足りない仕様。可動に関しては大きく動いてくれるので問題なし。

背中の推進器は細かい向き調整ができそれぞれがゴールジョイントで繋がっているので柔軟な可動ができる。

先端のブースターの位置やアーム自体を動かしてさまざまなポージングができる便利なパーツ。

X1改のトレードマークともいえるA.B.C.マントを装備したままポージングができる。

可動が制限されてしまう部位があるもののマントのインパクトは大きくかなりカッコ良い。

バスターガン・ビームザンバーは設定どおりザンバスターに合体でき、それぞれサイドスカートにマウントも可能。

腕部の装甲は展開でき2種類のブランド・マーカーのエフェクトパーツを取り付けられる。

ビームエフェクトパーツも豊富で通常のビーム・サーベル用ものまできちんと付属。

ヒート・ダガーは手持ちと仕込み用パーツの2種類ありシチュエーションに合わせて使い分けできます。

X1改の追加パーツであるシザーアンカーとスクリュー・ウェッブ。

どちらもリード線を使っているので簡単な形状変更と維持が可能。

コア・ファイターのトップ部も付属していて、スラスターを付け直してそのままディスプレイすることもできる。

HGUCクロスボーン・ガンダムX1改の組み立て

胸部と腹部、そしてダクトが色分けされた胴体。シールでエンブレムとアクセントを付ける。

2種類のフェイスの好きな方を選んで頭部に組み込みます。カメラアイシールを貼るだけでかなり設定どおりの色分け。

白の土台に紺パーツを被せるように取り付ける肩とギミックを積んだ腕パーツを取り付けて上半身は完成。

フレームなど内部構造はなく外装を貼り合わせて形作るタイプの足パーツ。

腰はフロントとリアスカートを先に取り付けておく感じ。

腰に足とサイドスカートを取り付けて上半身と合体させれば全体像が見えてきます。

かなりスタイルが良く上半身にボリュームが寄っているのでマッシブな印象です。

推進器の基部にそれぞれスラスターを4つ取り付けて本体の背中にドッキング。

説明書の図面を見つつ折り重ねして何とかA.B.C.マントを取り付けて無事完成。

HGUCクロスボーン・ガンダムX1改/まとめ

作りやすく付属品もたくさんあって、細かい設定も差し替えパーツなどでしっかりと再現してくれているうれしいキットですね。

実際に作ったものを見てみるとA.B.C.マントの仕上がりも良い感じに本体の雰囲気にマッチしていてカッコ良かったのが意外でした。
想像では質感的に浮いてもっとダサい感じなるかと思っていたのですが、、、

海賊×ガンダムをうまく再現できた良キットなので気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる