【レビュー】HGUC 1/144 ペーネロペー~後編~

2020 5/21
【レビュー】HGUC 1/144 ペーネロペー~後編~

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は特大HGガンプラであるペーネロペーレビューの続きです。
後半ではオデュッセウスガンダムとFFユニット中心のレビューになります。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥6,924 (2020/05/30 17:00:47時点 Amazon調べ-詳細)
Contents

オデュッセウスガンダム

完成後のサイズ:約19㎝
オデュッセウスガンダム単体で見てもバランスの取れたプロポーションであることがわかります。
ガンプラに限らず合体系のフィギュアって合体後のバランスを優先していることが多いので今回の造形は非常に良いと思います。

可動範囲、ギミック紹介

顔はペーネロペー時と違って干渉するものがないので横軸360度、上下にも多少動きます。
オデュッセウスガンダムの腕には肩とヒジの付け根に回転軸がある不思議な仕様になっています。
(コマ芸ですが、3枚目の画像左右で関節の向きが90度違います。)

腰関節はあまり動かせず、代わりというわけではないですがスカートはよく動きます。

シンプルな構造なので足も良く動きます。
リアスカートが柔軟に動くので干渉することなく後ろ側にも展開できます。

両腕の複合兵装にビームサーベルを装着でき、メガ粒子砲ギミックもきっちり再現!
ビームライフルはグリップを手首でしっかり固定できるのでプラプラせずしっかり保持できます。

FF(フィックスド・フライト)ユニット

完成後のサイズが全長約40㎝というガンプラとしても規格外の支援ユニット。

FFユニット組み立て手順。
最長パーツを軸に機首下にペーネロペー時の胸部とスカートパーツを付け、FFユニット専用パーツで裏側から固定します。

両側からウイングを取り付け、脚部のパーツを取り付けて完成!

ペーネロペー合体

オデュッセウスガンダムの肩を伸ばし、ペーネロペー用の股関節に差し替えます。

赤いゲタを履かせてスカート、胸部、バックパックとFFユニットのパーツをかぶせていきます。

前後の肩パーツをかぶせて完成です。

クスビルのアイコン画像クスビル

ペーネロペーを最初見たときの印象はポンチョ着たガンダムでした(笑)

編集後記

総評は前編で書いているので編集後記でも書きます。

いつも使っている撮影用のパネルを3→6枚に増やして撮影に臨みました。
思ったより大きくてどう頑張っても写真が見切れてしまい、ペーネロペーの良さの一つであるプロポーションの良さをお伝え出来なかったんです、、
そこで枚数を増やすことで引きで撮れるようにし、余すことなくダイナミックな全身をブログに載せられたかなと思います。
また、今回ペーネロペーレビューは本ブログ異例の2回レビューとなりました。
遊べる要素がありすぎてお伝えしたいことがモリモリになってしまい、見づらいかな、、とも考えたのですがいい機会なのでチャレンジすることにしました(笑)
あまり長くなってもアレなので今回はこれくらいで!
前編にも書いてますが、遊び要素も多く大きくてカッコいいガンプラですよ!

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

2019年おすすめガンプラ5選!はこちら

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥6,924 (2020/05/30 17:00:47時点 Amazon調べ-詳細)
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
クスビルの画像
クスビル
当ブログ管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。
Contents
閉じる