【プラモ製作】RG 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン試作零号機DX 陽電子砲セット

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回はエヴァンゲリオンシリーズに登場するエヴァンゲリオン零号機のRGプラモデルが登場しましたのでさっそく作っていきます。

Contents

内容物の確認

・ランナー×24
・リアリスティックデカール、リード線
・組み立て説明書

RGエヴァンゲリオン試作零号機組み立て開始

エヴァンゲリオン試作零号機の組み立て

エヴァンゲリオン独特の首周り。
首筋の色分けなど細かく再現されています。コアはクリアレッドのパーツをはめ込む。

人間の背骨のような構造でブロック状のパーツを連結していて腰までひとセットとして組み立てます。
このキットは選択式で試作零号機(改)を組み立てることができますが今回は(改)の付かない形態を作っていきます。

頭部はかなり小さく2種類のクリアパーツを使っていて見栄え良く仕上がります。

人体のような見た目をした脚部の内部フレーム。
外部装甲も複雑に分割されたものを説明書を見ながら注意深くはめ込んでいきます。

白い外装を取り付けて足とヒザ当てを組み立ててパーツを合体させます。

腕部にも謎の突起パーツがありその上から装甲を差し込む構造。
手首を捻じると上の装甲が連動するあまり見ない不思議なギミックが付いています。

零号機の最初の状態はかなりシンプルなシルエットになります。この状態もなかなか好きです。

今回のキットには輸送台は付いていないのですが、アンビリカルケーブルが付属しています。

こちらも初号機にも付属されていた大口径209㎜小銃。
構造的にもかなり作りやすく内部の弾倉が色分けされた別パーツになっているところがポイント。

陽電子砲の組み立て

新劇場版:序で使われた装備。かなり作りこまれていてパーツ数もそこそこあります。

砲身がかなり長く、ケーブル類もしっかり再現されています。
この時点でも十分なボリュームがあってカッコいい。

自走用のキャタピラ部。
あまり見ることのなかった部分まで『こんなかんじになってるんだー』とじっくり眺めることができるのがプラモデルの良いところですね。

エヴァンゲリオン試作零号機(改)用の別パーツ組み立て

(改)用の肩部ウェポンラック。
細かいところまで色分け再現された優れもので、ハッチを開いてプログレッシブナイフを収納できる。

肩部と胸部&脚部の一部パーツを専用のパーツで組み立てることで試作零号機(改)として作ることもできる。
差し替えは組み立てたパーツを分解したりしないといけないので正直かなり面倒。なのでおすすめはできないです。

RGエヴァンゲリオン試作零号機組み立て完了

組み立てについては結構難しく時間がかかったキットです。
ただ、ガンダムには見られないような人体っぽい構造、そしてそれらが精密に可動するギミックはかなり面白い。
高めの等身ですがバランスはよく膝立などのポージングもラクラクこなすポテンシャルの高さがあります。
付属品を含めて作る楽しさが詰まったキットであるように感じました。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

RGエヴァンゲリオン試作零号機組み立て動画

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる