【ガンプラ製作】MG 1/100 ガンダムデスサイズヘル EW

MGガンダムデスサイズヘルEW製作

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

今回は新機動戦記ガンダムW Endless Waltzに登場するガンダムデスサイズヘルを作っていきます。

Contents

内容物の確認

・ランナー×19
・カラーシール、マーキングシール、ガンダムデカール
・組み立て説明書

MGガンダムデスサイズヘルEW組み立て

ガンダムWのXXXGシリーズに特徴的なドーム状のコックピットを内蔵したフレーム。

ブラックやグレーなど落ち着いたカラートーンの外装を取り付けていく。

頭部はかなり色分けが細かく、ホホやバルカンなどはそのままでカメラアイはシールを貼っています。

ユニークな形をした肩アーマーと腕装甲で、鋭角的なパーツが多くアグレッシブな印象があります。

フレームは一般的なものですが、足先やヒザなどこちらも他の機体では見ないようなガンダムデスサイズ系オンリーな形状。

腰パーツのスカートを6枚繋いで今まで作ったパーツを合体させれば本体は完成。

ひとつひとつの構成パーツがかなり大きいウイング。コウモリの翼のような形状でひと際目を引くダイナミックな見た目です。

ただ、大型プラパーツの宿命ともいえるパーツのヒケ(成形時のウネリ)がかなり目立ってしまっている、、

主武装のビーム・シザースには大型のエフェクトパーツが付属していてそれだけでも十分インパクトのあるアイテム。

MGガンダムデスサイズヘルEW組み立て完了

デザイン的にもプラモデルとしてのカッコ良さをきわ立せる要素が多く詰まったガンダムデスサイズヘルEW。

かなり作りやすく設計されているようでサクサクとスムーズに作っていけました。

ウイングのギミックなんかもシルエットと可動を両立させたお見事なパーツ構成ですね。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

icon icon
MGガンダムデスサイズヘルEW製作

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる