【ガンプラ製作】MG 1/100 ガンダムアストレイレッドフレーム改

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
今回は機動戦士ガンダムSEED ASTRAYから主人公機ガンダムアストレイレッドフレームが追加武装であるタクティカルアームズⅡLを装備したガンプラを作っていきます。

Contents

内容物の紹介

・ランナー×28
・カラーシール、マーキングシール、ガンダムデカール
・ビス、ナット
・組み立て説明書

MGガンダムアストレイレッドフレーム改の組み立て

今更ですが内部フレームが本当に赤一色です。
外装を取り付けることで赤がさらに際立つ特異なデザイン。

アストレイの頭部は奥行きが長い印象ですが、組み終えると不思議とちゃんとカッコ良く見える。

フレームの状態でもディテールが多く、かなり作りこまれている腕部。

外装がほんの少ししか付いてない、、、
アストレイってこんな軽量な感じだったのかと今更驚愕。

連動ギミックが詰め込まれた脚部。
はめ込む位置を間違えると正しく動作しないので要注意です。

配色の影響なのか人体の筋肉繊維を意識したようなパーツ配置に見えてきました。

腰パーツは可動を優先したようなかなりシンプルなものになっています。

続いて、タクティカルアームズⅡLを組み立てていきます。最初はユニットごとの細かいパーツを作っていく。

ビームトーチなどユニット同士を合体させていき、全体像が見え始めます。

最終的にはかなりサイズのある武装が出来上がります。
7パターンほど変形できるみたいなのでどんなギミックが入っているのかちょっと楽しみ。

レッドフレーム改はガーベラ・ストレートに加えてタイガーピアスもあり、刀身にはそれぞれの銘が彫り込まれています。

刀は鞘に納めて太ももに装備可能。
本キットにはナットとビスを使った組み立て式台座が付属していてタクティカルアームズⅡLを構えるときなんかに重宝します。

組み立て完了

このガンプラは小物の作りこみが非常にハイレベルなものとなっていて、刀身や鍔のディテールはかなり細かい掘り込みが入っていて驚きました。
レッドフレーム改本体もスタイルが抜群に良く、目玉武装であるタクティカルアームズⅡLと合わせて様々なポージングが楽しめそうな遊び要素の多いキットであることは間違いなさそうです。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

ガンダムアストレイレッドフレーム改の紹介動画

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

関連記事

Contents
閉じる