【プラモ製作】HMM ライガーゼロイエーガー マーキングプラスVer.

HMMライガーゼロイエーガーマーキングプラスVer.製作

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。

コトブキヤのHMM【ハイエンドマスターモデル】シリーズからライガーゼロ機動力特化形態のライガーゼロイエーガーを作っていきます。

組立動画もあるのでこちらもチェック
Contents

内容物の確認

・ランナー×41
・水転写デカール、ゾイドコア、パイロット
・組み立て説明書

HMMライガーゼロイエーガー組み立て

まずはライガーゼロ素体の頭部から組み立て。コックピットの中にはパイロットフィギュアを収納。

首パーツにはシリンダーのディテールを別パーツで色分け再現。

箱組するように胴体パーツを形作っていきます。細かくユニット分けされていて作りがいのある部位。

先に作った首と腰パーツを取り付けて胴体部のボリュームがどんどん上がっていきます。

工業的なシンボルが多くリアリティも十分な素晴らしいクオリティである。

ツメを最初に4つ作っておき、前脚のフレームを作っていく。

ゾイドキャップを関節部に被せると一気にゾイド作ってる感がわきます。

後脚も基本的に前脚と同じような構造になっています。

肩と腕のフレームはそれぞれ別パーツになっていて裏から関節パーツで固定している。

クリアパーツのゾイドコアにパーツを被せてユニット化し、空洞の胸部に収めます。

尻尾は3か所折り曲げできるけどパーツが外れやすい。。

作ったフレームパーツを合体させてライガーゼロの素体が完成。この状態でも十分カッコいい!

いよいよイエーガーユニットの組み立てに入ります。

まずは腹部に取り付けるサイドスラスターと大型ブースター用のアームを背中に取り付ける。

大型イオンブースターの内側はフィンを重ねて作らる細かく丁寧な構造。2種類の青パーツを使って色分けもバッチリ!

尻尾の先端は専用のフライングバルカンポッドに差し替えます。

脚部は前後同じような構成で上部の装甲に可動式のウイング、関節部にそれぞれ外装を装備。

頭部にもウイングやダクトなどスピード感を思わせるようなパーツが配置されています。

HMMライガーゼロイエーガー組み立て完了

全体的にはわかりやすいパーツ構成で作りやすく色分けも丁寧で楽しく作れました。一部外れやすい箇所もありますが、箇所的にもあまり気にならないので問題なし。

全身のウイングや背中のイオンブースターを展開することで、シルエットが大きく変わってダイナミックなポージングも楽しめる可動ギミックも十分に備えた素晴らしいキットですね。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

icon icon
HMMライガーゼロイエーガーマーキングプラスVer.製作

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。

Contents
閉じる