格安simスマホに乗り換え

2019 8/12
格安simスマホに乗り換え

こんにちは。クスビルです。
そういえば最近大手キャリアから格安simに切り替えました。
そのことを周りに伝えたときの反応が面白かったのでなぜ変えたのか?契約先の判断基準について紹介します。

先にお伝えしますと月々の支払いが

¥12,000→¥3,000になりました。

が、安易におすすめはできません。
ご自身のスマホの活用度合いに合わせて判断できると良いかなと思います。
僕の場合は大手キャリアを使っていたとき本体代を除いて月々¥12,000くらいの支払いだったのですが
ちょっと高いな、、、
くらいに考えていたのですが、ある時このまま払い続けたらどうなるのかなと計算してると、、、

12,000×12(カ月)=144,000(1年の費用)

10年間で¥1,440,000

え?車買えるけど、、、
10年間にかかる費用が見えたところで
自分にとってそこまでの費用対効果があるのかなと考え始めたわけです。

僕が一日にWiFiを使わずに私用スマホを使う時間を思い返すと通勤時間などの移動時間だけでした。
(休日などは外に出ないので主に家のWiFiを使っています)

そこから何が見えたものは
大手キャリアの強味(通話かけ放題や大容量のデータ通信量)がまったく活かせていないことでした。
この段階で格安simへの変更が僕の中で決定事項となります。

変えることが決まれば後は契約先の選定ですね。
自分の持ちたい格安simの条件を絞っていきます。
ここで考えたのは

・僕自身が格安simスマホを初めて持つこと
・なるべく通信速度が速い

初めて持つので不具合の時にすぐに解決できる環境が整っているキャリアにすべきと考えました。
(電話できたり何かあったとき駆け込めるよう店舗を構えている)
速度については完全に未体験ゾーンでしたのでネットの評判(ランキング)をそのまま鵜呑みにしました(笑)
僕の場合、入会キャンペーンなどはあまり気にせず
自分のスマホライフに合う価格の料金プランがあるかどうかも重視しました。

実際に使った感触としては速度についてはほとんど気になりませんでしたので
「格安sim=遅い」という感覚は完全に消えました。

解約&移行手続きは確かに面倒ですが
その後の実りが大きく、取り組んで良かったことだったなと思います。
乗り換えにお悩みの方にとって少しでも助けになればうれしいです。

ここまで見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
クスビルの画像
クスビル
当ブログ管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。
Contents
閉じる