【ツールレビュー】ガンプラを作るために必要な道具

2020 1/03
【ツールレビュー】ガンプラを作るために必要な道具

こんにちは。クスビルです。
今回はガンプラを作るために必要な道具を紹介します。

僕はガンプラを作るときに使う道具は二つしかありません。
ひとつはパーツ切り取り用のニッパー、もうひとつはデカール貼り用のピンセットです。
ただ、この二つにはこだわりを持っていて今まで様々なものを使ってきました。
今回はそんなガンプラ制作にオススメのツール二つを紹介します。

ニッパーは、タミヤのプラニッパー(精密ニッパーや薄刃ニッパーとも言われています)
ポイントは刃の表面が平らになっていること
この面をパーツのゲートを切りたい面にぴったり合わせて切るととてもきれいに切れます。
僕はこれだけで充分だと思っているのでそのあとのデザインナイフでの成形を行っていません。


また、可動部分にバネがついているため切った後、再び刃を開く手間がありません!←とても重要
サクサクとパーツを切り離すことができるので組み立てもとてもスムーズにできます。

※プラニッパーはプラスチック以外の切断に使用しないでください。すぐに切れ味が落ちてしまいます。ゲートをきれいに切り落とせなくなります。

もう一つが「造形村」から出ているドルフィー用ピンセットです。

先端がとても鋭く取り扱いには注意が必要ですが細かいデカールを小さなパーツに貼るときや
指が入らないような入り組んだ部分に貼るときに大変重宝します!
ステンレス製なので物持ちもよく10年前に買ったものを今でも愛用しています。

以上、必須と思われる2種の道具紹介でした。
合わせ目消しや塗装までやろうとするとデザインナイフやサンドペーパー、エアブラシなどが必要になりますが素組みの場合、ニッパーだけでもきれいに作れます。
簡単なレビューになりますがガンプラライフがより良いものになればうれしいです。
ここまで見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
クスビルの画像
クスビル
当ブログ管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。
Contents
閉じる