ガンプラのグレードの違いを解説!~HG【ハイグレード】編~

2020 5/22
ガンプラのグレードの違いを解説!~HG【ハイグレード】編~

こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。
ガンプラはアニメもちょくちょく放映していて、SNSとかでもなんだかんだ盛り上がりを見せるジャンルですね。
今回は、初めてだったり久しぶりに作ってみようかなと思った方に向けてぜひ読んでいただきたい内容になっています。

まず最初にガンプラで、こんなお悩みありませんか?

ガンプラいざ作ってみようと思っても種類が多すぎて何から手を付ければいいかわからない、、、
せっかく買ったプラモデルを作り切れずに放置は避けたいけど、初心者でも作れるガンプラってどれかな??

そんなガンプラ初心者の方にオススメなのがガンプラHG【ハイグレード】シリーズ!
HGシリーズについておすすめな点と注意点を解説していきます。

ガンプラのグレードの違いを解説!~MG【マスターグレード】編~はこちら

ガンプラのグレードの違いを解説!~RG【リアルグレード】編~はこちら

Contents

HG【ハイグレード】の特徴

HGシリーズは1,000~3,000円ほどの値段で1/144スケール(だいたい15~25㎝)です。
約30年以上続いているシリーズで200種類以上のガンプラが商品化されています。
パーツ数が多くなく、気軽にガンプラを楽しめますので初めてガンプラを作る方におすすめのシリーズです。

近年HGUCやHGCEなどとブランドが細分化してきてますが、
あれは世界観ごとにまとめているだけなのでそこまで気にしなくて大丈夫です。

例:
HGUC⇒機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀シリーズ(ZガンダムやガンダムUCはここ)
HGCE⇒ガンダムSEEDシリーズ

クスビルのアイコン画像クスビル

モノによっては2~3時間で作れるものもあります

HGUCペーネロペーレビュー

HGのおすすめと注意点

おすすめ

パーツ数も多くなく、値段も安いため気軽に作れます。
時間をかけずにクオリティの高い完成品が特徴。
あまりガンプラを作ったことがない方でも安心して作ることができるシリーズです。

HGは種類が豊富なので同じ世界観のガンプラをそろえて
アニメのワンシーンをそのまま再現してディスプレイできることも大きな強みだったりします。

注意点

安全面への考慮でアンテナの先端など本来鋭利であるべきパーツが太くなっています。
ぼくはあまり気にならないのですがシャープさが失われることによって少しのっぺりした印象に見えることもあります。
慣れてくるとこの辺りを自分好みの形に改良することもガンプラ作りの楽しさの一つだったりします。

シンプルで作りやすい反面、色分けが最低限にとどまっています。
付属のシールを貼ることである程度はカバーできるのですが、
質感が変わるためシールを貼ることに抵抗がある方は注意が必要です。

クスビルのアイコン画像クスビル

HGはアニメシリーズのほかにも
外伝系も積極的にガンプラ化しているので
一般にあまり知られていないものも立体化されています

こんな人はHGがおすすめ!

ガンプラに興味があり初めて作ってみる方。
時間をかけずにたくさん作りたい方。


ガンプラには数をそろえてアニメのワンシーンや部隊を、
自分の部屋に再現するようなダイナミックな楽しみ方をしたい方にもおすすめできるシリーズです。
どんなキットがあるのかネットなどで事前にレビューを見てみるのも良いですよ。

ガンプラ購入に迷った時の参考になればうれしいです。
ここまで見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ
クスビルの画像
クスビル
当ブログ管理人
首都圏住みのアラサー社会人。そして立体とWEBが好きな2.5次元の住人。
好きを組み合わせたガンプラブログを始める【2019/春】
移り気なのでたまに本筋から脱線した記事を書くこともありますが、暖かく見守ってくださるとうれしいです。
Contents
閉じる